読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えれなのダイエット日記(仮)

もし大好きな男役の相手役になったら10kgだって痩せれる!という妄想力でダイエット♡食事記録・糖質制限・宝塚・漫画など雑多ブログ。

泣いているのではなく、心が震えているのです!燃ゆる風初日挨拶!

スカイステージ
初日の舞台挨拶

「(略)この作品でこの最高のメンバーで主演させて頂いて幸せに思っています。

今日無事に初日が開きましたのも、ここにいるすべての皆さまのおかげだと思っております。初日を観劇して下さったお客様、そして私のことを応援して下さっている宝塚ファンの皆さま、いつも私を想って下さり本当にありがとうございます。愛しています。

生きているから今がある。生きているから未来がある。立ち向かう勇気、立ち上がる強さ、本当にそう思います。たった一度きりの人生、どれだけ生きるかではなくどう生きるかだと思います。

この作品を通して暖かい風とその先に太陽が見えることを祈って、明日からも日々精進して参りたいと思っております。本日は本当にありがとうございました!」

 

愛してるとか舞台挨拶でサラリと言っちゃうひろきのお兄さま♡

竹中半兵衛は36歳という短い生涯でしたが力強く生きた武将です。この作品でもキーワードとして出てくる「命の使い道」、半兵衛は自分の寿命を知っていたという説があります。だからこそ自分がどう生きるべきか、自分に出来ることを考えたのだと思います。

他のインタビューでひろきさんが「人生に悩んでいる人が観てもらったら、何か立ち向かう勇気がわくような、そんな風に演じたい」というようなことを仰っていました。きっとそういうことを思って演じられ、ご挨拶されたのだと思います。

 

カテコ①

「戦国の男は今生の別れ以外泣きたくはありません。

だからそう、

泣いているのではなく、心が震えているのです!(拍手)」

涙で目が潤んでいるのに決して泣いていると認めないひろきさん。黒目に当たっているライトが揺らめいているんですよね。

「セリフにもありますが、弱い某(それがし)が戦ってこられたのは皆さんがいたからです。(略)」

「愛してる!!」

ブリドリの続きかと一瞬思うような愛の告白です(違)戦国編?(違)

 

カテコ②

「拍手というのは本当に心に響くと今日痛感いたしました。

皆さんが私を愛してくれているのは十分伝わりました。なので今日のこの公演も思い出しながら眠りについて下さい。きっといい夢が見れると思います!」

力強い振りの入ったご挨拶でした。

言葉の端々にブリドリテイストが入っているのがお兄さまらしいです。初日が開けて肩の荷の一つがおろせたからか、緊張している中に少しホっとしたご様子が伺えました。

スカイレポートは2日目の終演後だったのですが、そのときはもっとリラックスしているように見えました。

公演も半分を超えて、後半戦に入りました。千秋楽まで怪我なく元気に楽しんで演じて欲しいと願っております。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村